安楽死 賛成 反対

あなたは「安楽死」について賛成?反対?

どうも、だいちゃん(∀)(@syusoretujitu)です。

この記事を書いている現在、ALSという全身の筋肉がだんだんと衰えていく病苦・障害を抱えた方が、自身の依頼で医師2人に死ぬための薬を投与してもらえるように頼み、亡くなったということが話題になっています。

これは、自殺・安楽死に近いと思います。

そこで今回は、安楽死について自身の考えを書いていこうと思います。

安楽死についての質問と私の考え

例えば、絶対に治ることの無い、だんだんと身体が衰えていく病気になったと考えてみて下さい。

あなたはその病気の末期の状態。もう言葉を発することも困難で全身が動かない寝たきりの状態です。

常に全身には激痛が走っています。医療用麻薬も効きません。

あとは心臓停止を待って死ぬだけです。

このような状態になっても生きたいと思いますか?

私はというと、さっさと死なせてほしいときっと思うと思います。なにせ、ここまでひどい状態ではないにしろ私は重度身体障害を抱えているのですが、その状態でも自殺未遂を2度ほど行っているような人間ですから。

普段なら考えないようなことですよね。特に、自身が健康そのものだった場合には、どうしても他人事のように感じて、このような暗い内容のことを想像しようとは思わないからです。

ですが、あなたがこの記事を読んでいるのであれば、少しは「安楽死」というものに関心があるということでしょうから、これをきっかけに考えて、想像してみてほしいのです。

あなたは、このような状態でも生きたいと思いますか? それとも死にたいですか?

何故このようなことを今回書いているのかというと、安楽死のようなことを求めて亡くなったALS患者さんに死ぬ為の薬を投与した医師2人が逮捕されたからです。

ネット上では、

・別に逮捕されるような案件ではないだろ
・安楽死を認めてほしい
・自分ならこんな風になったら死にたい

といった意見が溢れています。

でも、こういうネット上の大多数の意見に影響されるのではなく、自分の頭で自分の考えを持って「安楽死」について考えてほしいのです。

私はこの安楽死についての法律に詳しいだとか、安楽死について普段から何かしら勉強している訳ではありません。ただ単に、死と隣合わせで生きている重度障害者というだけです。

そんな私がこんなセンシティブな話題を取り上げることはおこがましいような気はしますが、「命」に関わることでしたのでどうしても書かずにはいられませんでした。

話を戻します。

「死にたい」と考えたは、恐らくこういった状態になった場合に自分は耐えられないし、家族にも迷惑をかけたくないからなど、そういった理由でさっさと死んでしまったほうが良いと考えたのかもしれませんね。

他の理由があればTwitterやここのコメント欄などで教えていただければと思います。

「生きたい」と考えた方は、そういう風に考える方のほうが珍しいと私は思っているので、その理由をTwitterやここのコメント欄などで教えていただければと思います。

こういった状態になっても生きたいと思える理由はどういったものがあるでしょうか?

どんな状況に陥っても絶対に寿命として死ぬまでは生き続けたいというプライドなどでしょうか。ちょっと私には思いつきませんでした。

私の考えとしては、冒頭に書いたような状態になってまで生きたいとは思いません。植物人間よりもきつい状態だと思っています。

私は植物人間になってしまったとしても、その状態なら臓器移植などにも自身が健康であれば臓器を使用することが出来るので、そのまま目覚める可能性がほぼ0の状態で生きながらえるなら、さっさと死なせてほしいと思っています。(私が植物人間に健康な状態でなった場合の話です。)

ただ、植物人間の場合は見た目には寝ているのと変わらないような感じなので、心臓が動いている以上は生きさせてほしいと、家族が思うことは多いでしょうね。

今回、私が冒頭で書いたような状態だと、家族としても見ているのが辛いから死なせてあげてほしいと思うこともあるかもしれません。

早くその苦しみから開放させたいから、死なせてあげてほしいと思うこともあるかもしれません。

当事者も、私のようにある程度は税金のお世話になれば生きていくことが出来る障害者ですら、自殺をしようとすることがあるくらいです。私が書いたような状態の方の苦しみは計り知れません。

だったら、安楽死は法で定めて認める必要がもしかしたらあるのではないかな、と私は思ったのです。

今、日本では安楽死は認められていません。

安楽死させようものなら医師は逮捕されてしまいます。

ただね、安楽死を法で定めるにしてもその基準を考えることはとても難しいとも私は思っています。

私のような月に医療費が60万円以上もかかる(税金から支払われている)人間ですら安楽死法のようなものを適用される可能性があるからです。

私は様々な合併症を抱えており、精神的にも少しおかしいですが(全部、私の抱えている慢性腎不全という病気・障害が原因です。)、見た目には健常者と本当に変わらないし、手足も自由に動き、普通に話すことも出来ます。

国のお世話になりながらなら、普通に生きていくことも出来ます。

ですが、私と同じ慢性腎不全を抱えている方は目が見えなくなり、足も壊死して車椅子、という方もいます。

恐らく、こういった方は安楽死をしたいと考えるかもしれません。

そして、国の財政が苦しくなったら、私達のような金のかかる障害者は安楽死法の対象になる可能性が出てくるかもしれません。

そうなると怖いな、と思います。

実際、元フジテレビのアナウンサー・元フリーアナウンサーの「長谷川豊」という人は、人工透析患者(慢性腎不全患者)は死ね!! というニュアンスの発言を自身のブログ上で行って大炎上しました。

ちなみに、その時にブログの中の文章で人工透析患者である私のブログ記事の文章が無断で使用されていて、長谷川豊氏は私にちょくせつ謝罪しにきた、という風に私もこの炎上には巻き込まれました……。

プラチナむかつく☆

こうやってすぐに話がズレるの、本当に申し訳ないです。

長谷川豊氏の炎上の話に戻すと、その長谷川豊氏の炎上したブログには、医療関係者と思われる人々が、

「そうだそうだ!! 人工透析患者は迷惑かんじゃが多いから長谷川さんの意見に賛同します!!」

というコメントを多数行っていました。

こういう事実を見ると、医療関係者の中には手のかかる病人・患者の看護や介護をすることを疎ましく思っている方がいると思われます。

そういった方々が安楽死法などに対して色々と口を挟みだすと、安楽死法も悲惨なものが出来上がるのではないか、と私は危惧しています。

だから安楽死がなかなか法で定められないのではないかな、と。

だから安易に、安楽死を認めろ!! とは言えないんじゃないかなと思っています。

「安楽死」一つとっても、社会の様々な「闇」のことも考慮してしっかりと考えていかなければならないでしょうね。

最後に 安楽死について反対?賛成?

ここまで、安楽死について考える為の材料を私のほうで提供させていただきました。

安楽死については、法で定めるにしても基準を決めるのがとても難しい。でも、法で定められていない以上、本当に安楽死が必要な患者がいても何も出来ないし、医師ですら何かしたら逮捕されてしまう。

こういった様々なことを踏まえて最後にこの質問をして終わろうと思います。

あなたは安楽死について反対ですか? それとも賛成ですか?

コメント、Twitterのリプなどでご意見をお待ちしております。返信するかは分かりませんが。

ではでは。

(執筆/だいちゃん(∀))

この記事が良かったらTwitterFacebookなどのSNSで拡散、宜しくお願いします!

良かったらYouTubeチャンネル登録も是非!

Twitterもやっていますので、フォロー宜しくお願いします!

orange red blue yellow