ブロガー&YouTuberだいちゃん(∀)のオフィシャルサイト

プロフィール

 
  2018/08/09

だいちゃん(∀)

どうも、ブロガーでYouTuberのだいちゃん(∀)(@syusoretujitu)と申します!

僕はフリーライターなどもやりながら、ブログの広告収入と障害年金で生活をしています。

「障害年金」と書きましたが、僕は1級身体障害者(人工透析患者)なのです。

人工透析歴はもうこのプロフィールを書いている時点で14年目になります。

 人工透析患者の10年生存率は40%を切っているというデータがある ので(出典 我が国の慢性透析療法の要約)僕はなかなか長生きしているほうだと思います。

小学生の時に腎臓病になり、そして20歳の時に人工透析導入になった

人工透析

僕は小学校6年生の時に原因不明の状態で、IgA腎症という腎臓病にかかりました。

当時のIgA腎症は治療方法が無く、なるべく長く人工透析導入にならないように食事療法やステロイド療法を行う対処療法しかありませんでした。

ですが私は肝臓の病気も抱えていたので(これは今は治っています。)、ステロイド療法を行うことが出来ませんでした。

ですので、食事療法と激しい運動を行わないようにして腎臓の機能を維持するしかありませんでした。

しかし、中学生になった頃、体育の授業の時間に病気の関係でいつも見学をしていると、周りの生徒達から、

「サボり! サボり!!」

と罵声を浴びせられる日々が続き、それがストレスで、元々マラソンが得意だったけれど病気の関係で封印していたのを破り、僕は陸上部長距離に入ろうとしました。

ですが、病気の人間を入部させることは出来ないと断られました。当然といえば当然です。

しかし、僕は自己練習のみでマラソン大会で学年3位という結果を残し、陸上部の顧問を説得して「影の陸上部員」として陸上にいそしんでいました。

そういった無理がいけなかったのでしょう。

高校生の頃には、17歳の時に当時通っていた私立の進学校を中退し(最悪な学校でした。病気に理解は無いし、イジメに対する対処は行わないし。)、フルタイムでガソリンスタンドで働きながら通信制高校に通いました。

そのガソリンスタンドが超絶にブラック企業だったということも、僕の身体に負担をかけることとなり、 インフルエンザのまま1週間働かされた時に、腎臓が死んでしまいました。 

それが20歳の時です。

医者からは、

「あと1年で人工透析導入になるから今は無理をしないように。」

と伝えられましたが、家が貧乏だった為、働かざるを得ませんでした。

昼間はカフェで働き、夜はホテルの最上階のバーで働くというダブルワークを行っていました。

 無理に無理を重ねた結果、人工透析導入が早まり、人工透析余命が1年のところ半年も満たずに人工透析導入になってしまいました。 

3年間の半寝たきり状態を経験し、フリーランスとして働くようになった

パソコン

人工透析導入後、担当医がヤブ医者というこれまた運の悪いことが続き、3年間ほど半寝たきり状態で生活しなければいけない状態が続きました。

当時はパソコンを使うことも、タイピングとインターネットが使えるくらいのスキルレベルでした。しかし、重度の身体障害者になってしまったからにはパソコンスキルが最低でも無いと仕事が無い。それはフリーで働くにしても企業に勤めるにしてもです。

そこで、無理をしてローンを組んでパソコンを購入し、インターネット回線を生まれて初めて契約しました。

最初はネットサーフィンを行うくらいのことしかしていませんでしたが、「半寝たきり状態」なので、半分は動くことが出来ました。

1日動いては1日中寝る、といった生活を送っていたのです。

そこで以前、僕が所属していたタレント事務所にパチプロの方がいて、どうやってお金を稼いでいるのか聞いたことがありました。

その方法を実践しようと考え、実行に移したのです。

今考えればかなり無茶なことをしたものです。

しかし、私はパチンコではなくパチスロでしたが、パチスロだけで月に50万円ほど稼げるくらいの状態になっていました。

そのお金のほとんどを貯金し、1年でパチプロを引退し、パソコンの学校に通いパソコンスキルを身に着けました。

そしてそのスキルを使って大手IT企業に就職したのですが、そこもブラックな企業であったのと、僕の調子が本調子ではなかったので、1年で退職。

他にも 障害者雇用に力を入れていると謳っている企業に勤めてみたりしましたが、どこも人工透析という「見えない障害」に対しては理解を示してくれませんでした。 

そこで、失業保険を貰いながらやはりパソコンや簿記などの資格を取得したりして、ホワイトな企業に就職しようと頑張ったのですが、地方には重度障害者を受け入れてくれるようなホワイトな企業はありませんでした。

ですので、私は「フリーランス」という働き方を選ぶことにしたのです。

趣味でブログ運営を行いながら家庭教師をフリーでおこなっていました。それが27歳くらいの時です。

目標はインターネット上でインフルエンサーになること

インフルエンサー

趣味のブログの広告収入のみで生活が出来るように一時期なり、障害者専用の職業訓練校のプログラミング科に入学したかったので家庭教師ののれんは畳みました。

少子化なのであまりお金が稼げないというのも家庭教師を辞めた理由の一つです。

プログラミング科は2年コースだったのですが、やはり無理をしすぎてしまい体調を壊し、1年で退学する羽目に……。

 ブログも色々あってブログ単体では生活出来なくなったので、ブログの広告収入を得ながらフリーライターとして今は生活しています。 YouTuberとしても頑張っています。元々、健常者の頃はタレント・モデル・役者をやっていたということもあり、芸能界に憧れがありました。

今は身体の関係で芸能事務所に所属して活動をすることは出来ませんが、 ブログやYouTubeで芸能人のような活動が出来るので、私の人生の目標が増えました。 それは、 「インフルエンサーになる」 ことです。 

インフルエンサーとは、芸能人などのように影響力の強い人のことを指します。

私はブログ界隈ではそこそこ有名ですが、それでもインフルエンサーと言われるほどではありません。炎上ブロガーという悪名で有名になっただけですから(汗)

ですので今は、ブログ執筆やYouTube動画投稿を体調のことを気にしつつ無理しない範囲で頑張りながら、生活費はフリーライターとしてライティング業務、ブログの広告収入などで稼いで生活をしています。

自宅で生活をしているのですが、家が貧乏な為、障害年金は全額家に入れているのでアテに出来ないのです。だから、障害年金以外で収入を得ることを頑張っています。

その為には、インフルエンサーになる必要があります。

まとめ

私の長いプロフィールに最後まで付き合っていただいて本当にありがとうございます。

これからもブロガー、YouTuber、フリラーターとしての活動を頑張っていくので、応援のほど宜しくお願いいたします。

YouTubeのチャンネル登録を行っていただけると嬉しいです(笑)

YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!

それでは今後共、だいちゃん(∀)を宜しくお願いいたします!

だいちゃん(∀)

Copyright© 大ちゃん.com , 2018 All Rights Reserved.